ワンデイ・メッセージ106

  • 2020.09.16 Wednesday
  • 06:00

法華経の最後の一句は「作礼而去(さらい にこ)」、

これは「礼をなせば去る」という意味。

過去の辛い思い出や現在の嫌な人との出会いや出来事、

それらは「ありがとう、君たちのおかげで私は成長できました」と

感謝できるようになった時、それらワザワイさんたちは使命を終えて

サラリッとあなたから離れて去っていってくれる、

そのことを「作礼而去」は教えて下さっているのです。

「ありがとう」が「さよなら」なのです。